マタニティー歯科

妊娠中のお母さんのお口の中

妊娠すると女性ホルモン(エストロゲン)の増加などにより、歯周病になりやすくなります。
・ホルモンバランスが変わり、唾液が粘っこくなって酸性度が高まるので、歯周病やむし歯になりやすくなります。
・つわりや体調の変化などで歯磨きがきちんとできなくなることがあります。
・食事の回数や食事を摂る時間が不規則になり、お口の中が汚れやすくなります。

歯周病になってしまったら・・・

歯周病は、陣痛を起こすプロスタグランジンという生理活性物質を産生し、早産や低体重児出産のリスクが、7倍になるといわれています。これは、喫煙するリスクと同等レベルです。
マタニティー歯科という言葉自体、日本ではまだまだ耳慣れませんが、欧米では既に常識となっています。

歯周病にならないために・・・

乳歯の形成は、胎生期7週目から始まります。乳幼児の健康な口腔を確保するためには、マイナス1歳からのお母さんの口腔管理を含む生活習慣の改善努力が必要になります。体調の変化から起こる様々な困難で歯科受診したくても受けられなくなってしまうこともあると思いますし、また女性特有の悩みについて、歯科医師に相談しづらいこともあるかもしれません。
当クリニック院長、清水太郎は今までに数多くの妊婦さんの口腔衛星管理を担当してまいりましたので、安心してご相談ください。

出産したあとも・・・3歳までが重要

生まれたばかりの赤ちゃんの口の中には、ミュータンス菌などのむし歯菌はいませんので、むし歯にしてしまうのは、お母さんの口移しによるものです。また、3歳までの食(おやつ)習慣や、良い歯磨き習慣が身につけば、一生の財産になるはずです。
たろう歯科クリニックで、母子ともに大切な「マタニティー歯科」をどうぞ受診してください。