噛み合わせ・咬合治療・顎関節症治療

噛み合わせの悪さからくる頭痛・肩こり・首の痛み・腰痛・腕のしびれ・耳鳴り

生まれつきや生活習慣により噛み合わせが悪い(=不正咬合)ことから、次の3つの症状がある場合、顎関節症かもしれません。

1)あごに痛みがある(顎関節痛)
2)あごを動かすと音がする(関節雑音)
3)口が開きにくい(開口障害)

上記症状に付随して、頭痛、肩こり、首の痛み、腰痛、腕のしびれ、耳鳴りなどが起こります。
原因は患者様個々で様々ですが、何らかの原因で顎の位置がずれてしまい、顎の骨や周囲の筋肉に大きな負担がかかったため、顎関節症が引き起こされてしまうのです。原因を突き止め治療することが肝要です。

マウスピースによる治療

原因を突き止めるのと同時に、たろう歯科クリニックでは、治療方法として「プレート療法(スプリント療法)」を行います。プレート療法とは、透明のプラスチックのマウスピースを入れることによって、正常な噛み合わせに時間をかけ誘導する治療方法です。